脱毛できない・コワイ人のためのムダ毛処理

 

ためらっている人も多いのではないでしょうか。

ムダ毛をキレイに処理するには、サロンやクリニックで脱毛してもらうのが一番と思われています。
しかし、「毛が多くて見られたくない」「VIOラインはちょっと……」とためらっている人も多いのではないでしょうか。
が、自宅でキレイにムダ毛を処理している人もたくさんいます。
もともと毛が薄くてあまり処理しなくてもいいというケースもありますが、中には高い機械を買わなくてもできる方法があるのです。

 

毛の量や太さにもよりますが、「サロンやクリニックに通うのが面倒になったから」という理由で自己処理に切り替えた人も実は結構多いのです。
そこで、ここでは自宅でできる脱毛方法についてまとめてみました。脇脱毛についてはこちらをご覧ください。
手を出すのにちょっと勇気がいる方法もあれば、すぐ取り入れられるものまでさまざまです。

 

これだけサロンやクリニックでの脱毛が広まっているので意外かもしれませんが、実は光やレーザーによる脱毛ができない人も一定数います。
痛みに耐えられなくて途中でやめてしまう人もいますし、光線過敏症で光やレーザーそのものがダメというケースもあるのです。
また、妊娠中は普段平気な人でも光やレーザーの刺激がとても強く感じられることが多いため、サロンやクリニックがiライン脱毛や一般部位の脱毛などはしてくれないことがほとんどです。
胎児への影響があるわけではないのですが、痛みを強く感じること自体がストレスになりますから、間接的に悪影響が出てはいけないという理由だそうです。
こうした事情で「サロンには行けないけど、キレイにムダ毛処理したい!」という方にも実践できる方法を集めましたので、ぜひ参考にしてください。
販売員から事務職

 

ちなみに、色素沈着や日焼けが原因で施術を断られてしまった場合は、改善されれば光やレーザーの脱毛を受けられる可能性があります。
色素沈着でも小さなホクロ程度なら避けて打ってもらうこともできますし、全体的な日焼けであれば美白コスメや食事でお肌のターンオーバーを促せば、より早く施術してもらえるでしょう。
「どうしてもサロン(クリニック)がいい!」という方は、そうした情報も集めてみてはいかがでしょうか。

 

美白ケアというと顔のことだと思いがちですが、日焼けのダメージを完全回復させるとなると、お若い方でも結構な時間がかかります。
むしろ体の皮膚は顔よりターンオーバーの周期が長いので、念入りにケアをする必要があるのです。
外側・内側から万全なフォローをして、脱毛するまでに肌の状態を整えておきましょう。

カテゴリ

最新記事

 
Copyright  脱毛できない・コワイ人のためのムダ毛処理  All Rights Reserved